MENU

Shineの施術方法

当サロンでは、リラクゼーション効果の高いタイ式マッサージをベースに、経絡指圧を取り入れ、身体の歪みや痛み・内臓の不調にアプローチしています。
日本人セラピストが、日本人の身体に合った丁寧な施術をいたします。
強い刺激が苦手な方、逆に強い刺激がお好みの方のどちらでも、身体の状態に合わせて調節いたします。

肩こり・首の痛み・頭痛・腰痛・膝痛・腕の痛み・冷え症・内臓の不調・不眠・不定愁訴など、どんな症状でもご相談ください。

タイ式マッサージとは

タイ式マッサージとは、「二人でやるヨガ」ともいわれ、昔はタイのお寺でお坊さんたちが行なっていました。
気を送り込みながらのゆったりとした指圧で充分に筋肉をほぐし、仕上げにストレッチを行うことで、滞った老廃物を流します。気持ちよく身体全体がほぐれることで、自律神経を整え、内臓免疫ホルモンや新陳代謝が活性化されます。

経絡指圧とは

経絡指圧とは、故増永静人氏が完成させたもので、海外ではZen Shiatsu(禅指圧)という名で知られています。
身体の働きと臓器を12の経絡として捉えたラインや反応の出る場所を指圧し、バランスを整え、心と身体の健康を取り戻していきます。

リラックスと健康の密接な関係

東洋医学では、身体の歪みや痛み・病気の原因を「気の滞りから」と捉えています。
気の滞りは主に運動不足や冷えといった肉体的な問題の他、ストレスや感情から起こります。
気は身体全体を流れており、身体の様々な働きと関係していますが、どこかで気が滞ると、当然違う場所でも問題が起きてきます。

身体はパーツの寄せ集めではなく、全体が係り合いバランスを取って成り立っています。
心もその中に含まれていて、東洋ではそれを「心身一如」といいます。
そのため、痛い所だけをいくらほぐしても、他の部分に問題があればすぐに痛みは戻りますし、いくら全身をほぐしても心配事を抱えていては緊張が取れないため、なかなかほぐれないということもあります。

東洋医学だけでなく、西洋医学的にいいましても

緊張(交感神経優位)=血流が悪くなる・筋肉が硬くなる・内臓の働きが悪くなる
リラックス(副交感神経優位)=血流が良くなる・筋肉がやわらぐ・内臓が活発に働く

というのが身体の基本なので、リラックスすることが健康にとっていかに大切かが分かると思います。

施術後はハーブティーでリラックス&デトックス

施術の後にはハーブティーのサービスをしています。(予約状況によりお出しできない場合もあります)
施術後は老廃物がたくさん出ますので、カフェインレスの飲み物や白湯・水など水分をたくさん取ることを心がけてください。また、老廃物を排出するために肝臓が働きますので、飲酒は避けてください。せっかくの施術効果が半減します。

施術後はできればしっかりと睡眠をお取りください。
疲れのたまっている人は数日だるさや眠気を感じる場合がありますが、それほどでもない人は翌朝スッキリと身体が軽くなっていると思います。疲れをためすぎないように、上手に生活しましょう。