足湯・肘湯のすすめ

11月、だんだんと寒い日が増えてきました。
暖かい日が続いて急に冷え込むこともあり、そういう時は冷えがつらく感じる方も多いのでは?
そんな時、おススメなのが足湯や肘湯です。

「ながら」足湯のススメ

足湯は知ってるわ~という方、多いと思いますが、私がお勧めするのはシャワーや入浴時のながら足湯です。

最近では冬でもシャワーで済ませる人が増えているようですが
湯船に浸かると温まり方が違いますし、体温を上げ免疫力のアップにもつながります。
また、血行が良くなることで身体のコリや疲れの取れ方も違ってきます。

とはいえ、忙しくてお風呂に入る暇がない、そもそも家にシャワーしかない、という方も。
そういう方にお勧めなのが、足湯しながらのシャワー。
足湯用のバケツや大きな洗面器などで足を温めながらだと、シャワーでも身体の温まり方が全然違います。
ユニットバスの場合は足首まで浸かる程度にお湯を張るといいです。

また、湯船に浸かるけど身体を洗う時に浴室が寒くて…という場合にも良いです。

肘湯のススメ

次に肘湯ですが、こちらはまだあまりポピュラーではない感じかな?

洗面台や、大きめの洗面器にお湯をため、両手(前腕)を肘まで入れます。
手先まで入れるのがよく温まっていいですが、スペースの問題がある場合は肘だけでも良いようです。

差し湯などしながら温めると、肩までぽかぽかに。
肩こりや、冷え性で手先の冷たい方にお勧めです。

リモートワークなど、自宅仕事で疲れたなぁ、という時は気分転換も兼ねて出来ますね。
夜、帰宅してシャワーで済ませちゃう場合も、肘湯をプラスするといいかも。

アロマが好きな方は、リラックス系のエッセンシャルオイルを垂らして
プチ贅沢な?リラックスタイムを楽しんでくださいね。